NEWS 開設趣旨・ご挨拶 こんな薬局です 実習・公開講座など
患者さん皆様へ アカンサスお薬箱 学生作成ポスター お問合せ
金沢大学附属病院・金沢医療センター吸入指導連携システム

アカンサス薬局開設趣旨 アカンサス薬局からご挨拶 アカンサス薬局の歩み
特定非営利活動法人「健康 環境 教育の会」の設立経緯と活動
理事長・金沢大学名誉教授
 辻 彰(薬学博士・薬剤師)
 医学部には学生の実務実習の場として学校設置法が義務付ける附属病院が設置されています。一方、薬系大学では法律上の義務はありませんが、一部の公立や私立の薬科大学において実務教育の場としての附属薬局が設置されております。しかし、医学部があり、附属病院を有する国立大学の薬学部では附属薬局として機能する教育用薬局を持つ大学はありませんでした。このような状況下において金沢大学薬学部では、平成8年に大学院薬学研究科医療薬学独立専攻(修士課程)の設置を契機に、医療系薬学教員が直接に保険薬局実務実習の指導ができる附属薬局的な役割をする施設の必要性について多くの議論を重ねました。その結果、大学の外部独立組織として機能し教育を目的とした保険薬局を、民間が設立し運営することが最善の方法ではないかということとなりました。

 平成14年9月に「特定非営利活動法人(NPO) 健康 環境 教育の会(HEART)」が設立され、金沢大学教授有志、石川県薬剤師会会長、民間から数名が同法人の理事に、故宮崎逸夫金沢大学名誉教授・元医学部附属病院長が初代理事長に就任されました。高度な薬物療法に対応できる薬剤師教育のための保険薬局を金沢大学附属病院前に設置することに対し、石川県薬剤師会と大学病院周辺の保険薬局経営者からの理解を得て、日本で初めてのNPOが運営する「アカンサス薬局」が平成15年2月に開局しました。第2代理事長の故佐々木琢磨金沢大学名誉教授・元がん研究所教授の後任として、薬学部長を2期任期満了した平成15年11月に私が第3代理事長をお引き受けすることになり、お陰さまで平成25年には開局10周年を迎えることができました。

 「アカンサス薬局」では、薬学部からは薬局長として初代には鈴木永雄教授が、第2代として荒井国三教授が、第3代として松下 良教授が任命され、薬学部と教育上密接な連携のもと、今日に至っております。金沢大学の薬学生と薬剤師免許を有する医療薬学専攻の大学院生を対象とした保険薬局実務実習の場として、薬学教育面での産学連携が実施されてきました。

 平成18年度から開始された6年制薬学教育において、通算11週間の保険薬局実務実習のうち、定員35名の薬学科5年生全員に対し前期4週間は「アカンサス薬局」において薬局長と実務教員としての指導薬剤師とアカンサス薬局薬剤師が連携をとり、その後の後期7週間は市内の保険薬局に分散して実施されています。さらに金沢大学附属病院において11週の病院実務実習が実施されております。この実習方式は他に例がなく、金沢大学方式として6年制薬学生の教育と実務家教員の研鑽に活用されています。また、金沢大学医学部5年生の全員に対しては「アカンサス薬局」での見学実習を実施し、薬局長が中心となり、保険薬局で働く薬剤師の役割の理解を深めるために医師のタマゴの教育も担当しております。なお、「アカンサス薬局」は6年制薬学教育における石川県実務実習指導薬剤師の研修の場としても活用されております。

 アカンサス薬局のホームページ上に搭載した「GE検索サイト」は、 ジェネリック医薬品(GE)に関して逐次報告されている科学的情報が無料で検索できるので、患者さんのGEの選択に際し、薬剤師はじめ医療従事者の間で好評を得ております。さらに、「薬と健康に関するトピックス」には適切な最新情報を定期的に掲載しております。また 「疾患と薬」に関してアカンサス薬局で実習した学生のプレゼンテーション資料をビデオ映像として、患者さんに情報を提供しております。数多くのコンテンツを無償で作成され、提供いただきました学会放送株式会社様に厚く御礼を申し上げます。

一方、本法人には平成15年10月に「北陸臨床試験支援センター」を併設し、初代センター長には新薬の臨床試験に豊富な経験を有する野口隆志元昭和大学薬学部教授が就任され、稲野彰洋理事・福島県立医科大学病院教授が第2代センター長に就任されました。金沢大学臨床試験管理センターと石川県内および富山県内の医療機関が参加し、石川県医師会が擁する中央倫理委員会が、「北陸臨床試験支援センター」を介して臨床試験ネットワークを構築し、北陸地区においてスムーズな治験が行われるようになりました。

 今日までNPO HEARTの設立と発展にご協力を賜った関係各位に感謝を申し上げるとともに、今後とも高度医療を担う薬剤師の育成、と優れた新薬を早く患者にお届けできるよう臨床治験の推進と地域医療の向上に貢献できる法人として力を注ぐ所存ですので、皆さまには引き続きご支援下さいますようお願いいたします。

平成25年10月