NEWS 開設趣旨・ご挨拶 こんな薬局です 実習・公開講座など
患者さん皆様へ アカンサスお薬箱 学生作成ポスター お問合せ
金沢大学附属病院・金沢医療センター吸入指導連携システム

お薬って食後にのまないといけないの?
病院や薬局からお薬をもらうと、ほとんどのお薬は食後にのむように指示されていることが多いですが、なぜ食事の後にのまなければいけないのでしょう?
食後にのみ忘れてしまったら、もうお薬はのんではいけないのでしょうか?
実は絶対に食後にのまなくてはいけないお薬は以外と少ないのです。

こう言うと、少し誤解されるかもしれませんね。
基本的にお薬の箱や袋に書いてある用法・用量は安全性や有効性を十分にチェックした上で決められていますので守っていただくのが基本です。薬が十分に効果を発揮するには、口から入った薬が胃や腸で吸収されて、血液の中に入り、必要な場所で一定の濃度を保つことが大切です。そのためにはある程度規則正しい間隔でのんだほうがいいものが多いのです。日常生活の中で食事の時間は基本的に起きている時間帯を2〜3回に等分していると考えられ、のむタイミングを計るのにちょうどいいのです。


では、どんな服用時間があるのでしょう?
1 食前 食事の約30分前 食物の影響を避けるためや、食事が始まる頃に効かせたい場合です。
2 食直前 お箸を持つ前 食前の中でも吸収が早く、効果が早く現れる薬です。糖尿病のお薬の中には、低血糖の副作用を防ぎ、食後の高血糖を抑えるために服用時間をきちんと守ることが大切なものがあります。
3 食直後 お箸をおいた後 脂に溶けやすい薬(胃で溶けやすい薬)では食直後に服用しないと吸収されにくいものもあります。
4 食後 食事の約30分後 最も多い用法です。食後は胃の血流がよく、吸収がよくなります。また食物があるため胃への直接刺激が緩和されます。但し、食直後にのんでも問題ないことが多いです。
5 食間 食後2時間位 食事と食事の間、つまり空腹時をさします。食事との影響が大きい薬です。
6 就寝前 寝る30分前 睡眠薬や便秘薬がこれに当たります。また、寝ている間の体調維持のためのお薬も寝る前にのむことがあります。
7 起床時 起きてすぐ 吸収が非常に悪いお薬で食物があるとほとんど吸収されなくなってしまう薬です。胃の中に完全に食物がない状態でのみます。また、朝方の発作予防のための薬をのむこともあります。
8 時間毎 指定時間 抗生物質や抗ウイルス薬のように一定時間、持続的に薬の濃度を高く保つ必要がある場合や、検査薬のように決まった時間に効かせたい場合に逆算して服用する場合があります。
この様にお薬の性格や食事との影響からのむ時間が考えられています。
でも、生活しているとつい忘れてしまったり食事が不規則であったりするためにのまなかったりすることってありませんか?そんな方は是非一度、薬剤師に相談してみてください。案外食事とは関係ないこともあります。
逆に、必ず用法を守ってもらわないと全く効果が得られなかったり、副作用が強く現れたりする場合もありますので、自分の判断でのみ方を変えずに医師または薬剤師にご相談下さい。

戻る <<<